きちんと連携を取ろう|いろいろな方式が存在する|結婚式場との相性

MENU

結婚

いろいろな方式が存在する|結婚式場との相性

きちんと連携を取ろう

ウェディング

丁寧に依頼する

結婚が決まって披露宴会場が決まった後に考えるのが二次会を行うのかどうかです。二次会をすることで、結婚式、披露宴に呼べなかった友人などを呼ぶことも出来ますし、なかなか話す機会のなかった人ともわりとざっくばらんに話せる時間でもあります。この二次会を行うことが決まったらすぐに幹事さんを決めなければなりません。結婚式だけでなく結婚式の準備と併行して二次会に関するスケジュールも立てていかなければなりません。幹事さんの選出はしっかりと対応してくれそうな方を見込んでお願いすることになりますが、かなり幹事さんの役割は大きいものになりますし、それなりに負担をかけてしまうことになるので、誠心誠意丁寧に依頼をするようにしましょう。

随時連絡を取ること

二次会の幹事を決めたら、準備に関して任せっぱなしにするのではなく、きちんと随時連絡を取り合わなくてはなりません。会場や予算に関する事はもちろんですが、ゲストの一覧や演出に関すること、景品に関すること、受付やお手伝い係などの人選など、幹事さんと連携を取って準備を進めていかなくてはなりません。自分達で進めていく分、幹事さんにお願いする分などきちんと役割分担をして、出来るだけスムーズにしていきたいものです。もちろん新郎新婦は結婚式の準備もしなければならないので、その点のバランスもきちんと考えるようにしましょう。二次会の景品やパーティーグッズなどの購入は専門のネットショップもありますので、そのようなものを利用して合理的に進めていくと良いでしょう。